5chCoinブラウザ動作イメージ

5chCoin報酬システムは5chCoinブラウザを利用することで実現します。

5chCoinブラウザは以下の機能があります。

1. 掲示板viewer

2. Ethereum・5chCoin(ERC20)用ウォレット

3. 受け取ったトークンの量の順に書き込みを並び替える

4. 5chCoin報酬ロジックに基づく報酬トークンの受け取り

ここでは現在開発中の5chCoinブラウザの動作イメージをお伝えします。

 
5chCoinウォレット管理ページからアドレスを発行する事ができます。

5chCoinブラウザ内蔵ウォレットはHD (階層的決定性ウォレット)になります。

1つのseedから複数のアドレスを作成する事が可能です。
1つのseed情報を保存するだけで、全てのアドレスがバックアップされます。

「アドレス新規発行」ボタンからウォレットアドレスを発行することが可能です。

アドレスを発行すれば準備完了です。

掲示板で5chCoinトークンを得る

 
5chCoinブラウザを通じ、5chCoinトークンを得る方法は多様です。

例えば、掲示板内で他者の疑問・問題等に的確な回答を示し、

問題を解決する事により、そのお礼として5chCoinトークンを貰う事が可能です。

 

例えば、左の画像のように人々が「X」という問題に躓いていたとします。

 

自分は「Y」という「X」に対する答えを知っていたので、

問題の答えを書き込みます。

 

※書き込みを行う際は、ウォレットアドレスを設定します。

 

人々の問題を解決し、お礼として5chCoinトークンを受け取りました。

(スパムを避けるために最低送付トークン量が設定されます。
送付トークン最低量は100トークンとなります。
100トークンは1/31日のトークンセール価格で約0.12円となります。)

送付された5chCoinトークンはまず5chCoinプールアドレスへプールされます。

プールされた5chCoinトークンは、5chCoin報酬ロジックに基づき、各人のアドレスに対して配分されます。

具体的な報酬配分のロジックはホワイトペーパーを参照してください。

配分された5chCoinトークンは送金手数料を支払うことで、5chCoinプールアドレスから自分のアドレスへ送金し、受け取ることが可能になります。

左の画像の左下の「ETH残高」、「5chCoin残高」という項目がユーザーのウォレット残高。右下の「5chCoin取得量」という項目が5chCoinプールから送金可能な報酬量となります

現在の送金手数料は100~300円程度。Raiden Network適応後の送金手数料は1円以下となります。

Raiden Network適応前は送料が100~300と高額ですが、ユーザーは報酬がある程度蓄積されてからプールから引き出す事が可能です。

この事により、高額な手数料の下でも問題なく5chCoin報酬システムは機能します。

 
この他、掲示板内で5chCoinを得る方法は無数にあります。

5chCoin報酬システムにおいては、価値のある情報を人々より先に見つけ出し

積極的にトークンを送付することで5chCoinを得るという手段もあります。

詳細はホワイトペーパーを参照してください。

5chCoinトークンを引き出すには?

 

5chCoinプールアドレスから引き出した5chCoinトークンは、

ウォレット管理ページからいつでも引き出せます。

そして5chCoinトークンを取り扱う取引所に送金することにより、売却する事が可能です。

※5chCoinプールアドレスから引き出す際に取引所のアドレスを指定する事により、5chCoinプールから取引所へ直接送金する事も可能となります。

 

現在開発中の「5chCoinブラウザ」動作イメージをお伝えしました。

現在5chCoinチームは「5chCoinブラウザ」β版の発表に向けて鋭意作業中です。

 

Topページへ戻る